投稿者「ww2dxIjdqouOBKviz」のアーカイブ

大学生が恋人が作りにくい理由

大学生が恋人を作るのが難しい理由はいくつかあげられると思いますが、まず一つ目は、「友人といる時間が濃い」ということです。最近は全国各地で様々なイベント等が催されています。そういったイベント等に参加する際に、恋人と参加するのも楽しいですが、趣味や気の合った友人と参加することで、気兼ねなく思う存分楽しめます。

そういったことから友人との時間があれば十分と感じることも多く、恋人をあえて作る必要はないと感じることも多いのではないかと思います。そして二つ目に、「恋人がいるかいないかはさほど重要ではない」ということです。昔は、恋人がいないと周りの人に色々言われたりしたようですが、昔に比べて恋人がいるかいないかはさほど重要ではないということです。

恋人がいなくても、その人が夢に向かって頑張っていたり、友人との時間を大切にしていたり、その人自身が充実した日々を送っていれば、周りも特に干渉しなくなったように感じます。また、晩婚化も進んでいることもあるからか、恋人がいなくても、いつかは結婚するだろうと感じることも少なくなく、恋人を作るという流れになりにくいのではないかと思います。

いくつか例をあげたように、恋人がいなくても十分に充実した日々を送れますし、またそういった時間を大切にする気持ちや、周りの目も変わったことなどから、あえて恋人を作らないという傾向にもなっているように感じます。

婚活では一度は、とりあえず会ってみることがオススメ

婚活は、結婚を意識して行います。ですので、上手くいった先にあるのは、”結婚式”ではなく”結婚生活”です。当たり前のことですが、婚活は結婚式がゴールではなく、あくまでこれから先、生活を共にするパートナーを見つける為の活動なのです。

 

これから一生を共にしていく訳ですから、夢がないように思われるかもしれませんが、容姿や身長などは、些細な条件に過ぎません。年を取れば、よっぽど気を付けていないかぎり太るのが普通ですし、洋服にも気を使わなくなるのが普通です。さらに、身長なんて高かろうが低かろうが、誰も気にしたりはしていものです。もちろん、容姿がカッコよくて、背も高い方がいいとは思いますが、ハッキリいって、生活する上で幸せかどうかの判断基準には、あまり関係がないのが現実です。

 
ですので、写真やプロフィールだけで判断せずに、アプローチされた場合は、とりあえず一度、実際に会ってみることをおススメします。もちろん、どうしても生理的に受け付けない場合や、仕事内容および家族構成などに無理がある場合は、除きます。しかし、一度会ってから判断しても、さほど時間的に無駄になる訳でもありません。

 

むしろ、もしかしたら、案外よかったかも?と思える男性に、知り合える可能性も十分にあるのですから。自分から積極的にアプローチすることも大切ですが、少し考え方を変えてみることも、大きな経験となりチャンスになります。

婚活が失敗しないためには

女性の場合は特に婚期が近づくと少し焦り出す傾向にあります。結婚して子供が産まれる事を想定すると、少しでも早い方がいいという考えも出てくるのが原因の1つ。しかし、焦るほど、相手の中身を深く読み解く事ができず、失敗に終わるリスクも高くなります。

 
婚活する上で1番大切なのは、焦らずじっくり相手を読み解く事。そして、初めから相手になんでも合わせたりしない事です。初めから無理をして色々な事に合わせる。確かに合わせなければいけない時は多少なりともありますが、婚活している段階では、まだ気になる存在、お互いを深く知る機会なわけですから、自身をしっかり見せていくべき段階だと思います。

 
それでもし、気になる相手がソッポを向くようであれば、その相手方とはそこまでの御縁だったと思うのも1つの方法です。婚活中は、お互いに気遣い合いながらパートナーを探しています。ある程度、距離を縮める為に、色々な話術等で気になる相手方にはアクションもするでしょう。しかし、それはその時の一生懸命さに過ぎないのも現状と言えます。何年経っても変わらないのが理想で、結婚してからもうまくいきます。であれば、深く慎重に読み解くべきです。

 
嘘や偽り、その場しのぎの言動などは、ゆくゆくは本性が出てきます。その時に受け止めるだけの包容力があれば良いですが、我慢できない事もあります。

 
服装等は、婚活中は少しいつもよりお洒落をしたところで、偽っているわけでもなく、ただ単にお洒落をしただけの事ですので問題はありません。言葉使いにしても、初対面であれば敬語等を使うのも当然です。ただ、気持ちや素性、性格等は偽りは禁物。もし、その相手と結ばれた時に苦労するのは自身となります。それは相手方も同様です。

 
婚活は近年、気軽に参加したり、できるようにはなりましたが、意外と奥深く、気軽に捉えすぎていると失敗に繋がる可能性もあるので、慎重に越したことはありません。
楽しみながらもしっかり見据えて婚活を行う事がおすすめです。

友人の紹介での婚活

20代前半のうちは、結婚についてあまり意識せず過ごしていた女性も20代後半から30代になると多くの女性が結婚について興味を持ち始めます。というのは、周りの友人が徐々に結婚していくことが大きな要因と言えます。

 

また、20代後半から徐々にしていた仕事にも慣れ、心に余裕が出てくるというのも要因です。私も実際に、20代前半は仕事に不慣れためがむしゃらに働いたり息抜きをしたりの繰り返しでしたが、仕事に慣れてきたころにはすでに年齢が20代半ばになっていて徐々に友人から結婚報告を受ける頃に結婚というものを身近に感じ始めました。そしてその時初めて、将来を見据えた結婚相手を見つけなければと少しの焦りが出てきました。婚活にあたって最初に思いつくのは友人の紹介です。信頼する友人からの紹介は、事前にその人がどんな人柄でありどんな職業、ルックスであるかをすべて知った上で知り合うことが出来る事がメリットです。

 

しかし、実際に会ってみると価値観の違いやお互いに恋愛対象にならなかったということも少なくなかったです。その後、友人を介しているため少しの申し訳なさも生まれてしまうのはデメリットでした。しかし、婚活パーティーや婚活飲み会に比べてライバルがいない点で都合が良く、内気な性格である私にとってはとてもスムーズな出会い方で良かったです。実際それによってお付き合いする事が出来ています。

対象年齢を広げると、グッと出会いの幅も広がる

婚活は、当たり前ですが”結婚”を意識して行うので、最初から条件のハードルが高くなるのは、否めません。将来を共にする男性を見つけることが目的なので、ただの恋人探しよりも、付き合う前に、色々チェックするのは当然です。性格や出身地、職業に年収など、気になる点は多々ありますが、年齢もその条件の一つに当てはまることが多いです。

 
しかし、最近では、以前に比べて歳の差カップルも珍しくない為、さほど年が離れていても、世間はさほど気にしない風潮です。また、実年齢よりも、ずっと若々しく見える人もいれば、逆に老けて見えてしまう人が多いのも、最近の特徴です。同じ世代の相手の方が、違和感なく付き合えるのは最もですが、一回り位離れていても、人柄や性格が合えば、思っている以上に気にならないケースも沢山あります。

 
年齢の幅を広げるだけで、婚活の対象となる人数は、グッと多くなります。せっかくの出会いのチャンスを、年齢だけで逃すのはもったいないです。年上の場合は、自分よりも人生経験が長い分、金銭的に余裕があり、頼りがいもある場合が多いですし、基本、男性は若い女性を好む傾向にあるので、大切にされることは間違いなしです。逆に、自分よりも若い場合は、若い世代に合わせようと、自ずと気を付けるようになるので、見た目も精神的にも、若々しくなることが容易に想像できます。もちろん、デメリットもあるとは思いますが、年齢というハードルを外して、実際の人物像で婚活活動することを、おススメします。

知っておきたい婚活パーティーの種類

婚活パーティーには多くの種類がでてきています。まずは街コンです。始まった当初はすごい人気で色々な地域で積極的に開催されていました。周りでも結構行かれた方が多く。見事結婚した方もいました。

 
他にはお料理婚活パーティーやスポーツ婚など、何かとセットになっているものが多いです。趣味ごとのパーティーもあります。これだと話すネタもありすぐに仲良くなれそうです。趣味なだけあって変わり種も多くあります。ラーメン好き婚活パーティーなんてゆうのもありました。

 
そして最近多いのが婚活パーティー応援居酒屋です。女の子は飲食代が無料の店などもあり多くの人が集まっているようです。席の案内はスタッフの方がしてくれます。婚活してますとゆう堅い感じではないので気軽に行けます。

 
最後に異業種交流会とゆうのがあります。ビジネスなどの交流でされることもあり、婚活パーティーといった感じではありませんが、出会いを目的としたイベントも開かれています。そのあたりは参加申し込みのサイトなどの雰囲気で分かるので、しっかりチェックしておくことが大切です。結婚を目的とすると少しハードルが高そうではあります。

 
このように今は気軽に楽しみながら出会いを探すことができ、出会いの場が広がっています。

友達の婚活事情

私の周りはまだまだ独身のアラサー、アラフォーの女子が多くいます。20代の頃までそれには彼氏を見つけるだけでよかったのですが、今は将来を見据えたパートナーを見つけるべく、婚活にいそしんでいます。

 
友達の一人にとても男性から人気のある子がいます。しかし彼女はここ数年、男性とお付き合いをしたことがありません。物凄く婚活に力を入れているのにです。合コンはかなりの回数行っていますし、街コンも参加しています。医者や公務員がくる婚活パーティーにも行っていました。毎回相手は見つかるのですが気の合う相手の場合、結婚に真剣な風でもなく、ノリも軽く、仕事は不安定で所得が低いのです。でも顔や身長、服装は好みだったりするみたいです。仕事や所得面などがいい方とは気が合わなかったり、見た目がダメでうまくいきませんでした。

 
そうです。彼女は理想が高いのです。自分が好きだと思える相手とゆうより、条件を優先させてしまうのです。お互いの性格など深く知る前に終わってしまいます。彼女自身せっかくの出会いなのだから相手と知ろうとしているのですが、逆に気を使い過ぎて疲れてしまって、気持ちがもたないようでした。ですが、彼女は前向きです。今回がダメなら次!と前進しています。ついに婚活サイトに登録もしていました。ここでも出会いがあったようです。

 
せっかくじっくりとパートナー探しをしているので、妥協せず彼女が納得する相手と巡り合うことを心から祈るばかりです。

婚活は結婚相談所の使い方に注意

婚活を始める時は、結婚相談所を選ぶことに時間を費やすよりも、パートナー像を作ることが大事です。インターネットで婚活できる「婚活サイト」の利用者がとても多いですが、パートナー像がはっきりしていることが大事です。

婚活サイトは、入会から1ヵ月はお見合いを徹底的にすすめてくれます。データを活用して、パートナー選びを手伝ってくれますが、それは、理想があることが前提です。自分の性格やパートナーとして求める性質がはっきりしていると、効果が期待できます。

婚活サイトはプロフィールが提示されていて、お見合いしたい場合は入会費が必要になるサービスもあり、とりあえず利用してみるという方法はおすすめできません。サイトの利用方法や婚活の進め方をよく知って、しっかりと進めていくことが必要です。

地元の結婚相談所を利用する場合、家族情報や個人情報が結婚相談所に全て知られてしまいます。お見合いするお互いが、お見合いする前に情報を知っている状態になります。その方がお見合いしやすい方にはとても良いサービスですが、嫌だと感じる方には適していません。

自分がどのような形で婚活を進めていきたいのか考え、それにはどんなサービスを利用したらいいのか判断するといいです。もし、自分で決められないようなら、体験談を読んで参考にすることをおすすめします。

婚活は街コンが入りやすい!

私が婚活でオススメするのは、気軽に参加出来る「街コン」です。私が何度か参加して、楽しみながらいい人に巡り会えそうと感じたのは、共通の趣味がある人が参加する街コンと、好きな場所で行われる街コンです。

まず、趣味の街コンは話が弾みやすいですね。私は昔から熱中しているスポーツがあるんですが、それを同じ趣味にした人が集まる街コンに参加しました。話が合うのはもちろんのこと、何を話したらいいんだろう・・・という緊張もないので、気負いせずに楽しく話が出来ました。一緒にそのスポーツをすることで、その人の中身も見えてくることがあって、とっかかりにはいいなぁと感じました。

あとは、好きなカフェやbarで開催される街コンもいい感じでした。自分が行く曜日や時間帯はたいてい決まっているから、会う人もだいたい同じなんですよね。でも、参加してみたら初めましての人ばかりでした。もちろん、ただ参加してみよう!っていうだけの人もいると思いますけど、だいたい会話や雰囲気や好きな食べ物なんかで馴染みさんかどうかは分かります。何より、好きな場所が似てる人は、雰囲気やフィーリングが似てる人が多いように感じます。

気負いせずに参加出来る街コンは、楽しく話せることはもちろんのこと、自分をあまり飾らずに居れることが私は気に入っています。ただ、結婚していたり彼女がいたりしても、それを隠して参加している人もいるみたいなので、そのあたりはきちんと見極める必要はありそうです。